MENU

おすすめはグリーンスムージー!ドリンクダイエットにおすすめな理由とは

いくつになってもダイエットは永遠のテーマ。
・食事制限をすると長続きせずにリバンドしちゃう。
・ジムに通っている時間がない
・ジムに通うのはお金がかかる
お手頃にダイエットしたい。
そしてプラスαでカラダにイイコトあったら嬉しくないですか??
そんな方にオススメしたいダイエット方法がここにはあります!!

 

スムージーダイエットの効果

今やたくさんの芸能人の方も愛用しているスムージー。
スムージーの起源はロシアで生まれた女性だそうで、家族の健康のために
生の食材のみで調理をした食生活に切り替え、家族の健康を維持したそうです。
その後、自身の研究を重ね「グリーンスムージー」を考案し、今ではさまざまな国でもスムージーは有名になりました。

 

アンチエイジング

スムージーはおいしいだけではなく、女性の天敵、老化からも救ってくれるのです。

 

老化原因は活性酸素という体内の毒素(酸化)が原因といわれています。
酸化とはお肌のシミやシワを引き起こす恐ろしい現象です。
20代などの若い間は、この活性酸素を除去する酵素もしっかりと体内で働きますが、
加齢に伴いこれらの除去するための酵素も低下します。

 

・・・ということは、この活性酸素をふせげば老化を防ぐことができますよね。
ではなぜスムージーがアンチエイジングに効果があるのか。
それは「抗酸化作用」により、「活性酸素」を除去できる効能がスムージーには秘められているんです。

 

便秘の解消

野菜や果物は食物繊維が豊富ですよね。
でも便秘解消にと一度にたくさんの野菜や果物を摂取するのは大変です・・・。
スムージーなら野菜や果物を皮ごとミキサーにかけるので繊維を壊さずたくさんの食材をコップにギュッと濃縮することができます。
そしてスムージーの特徴である非加熱が食材の栄養素を壊すことなく効率よく体に取り込むことができるのです

 

生活習慣病の予防

スムージーは人口甘味料や塩分を加えず作るので、とってもヘルシーです。
高血圧や糖尿病の方など、普段からカロリーコントロールが必須の方にもとってもオススメなんです。
そして農林水産省から1日に野菜を350g以上摂取しましょうという目標設定がされています。
この量を摂取するのってなかなか難しいですよね・・・
日頃の野菜不足の解消にもスムージーは効果的じゃありませんか?

 

認知症の予防

スムージーで認知症予防?!
体にいいイメージはあるけど認知症予防に効果ありというのは初めて知った方も多いのでは?
先ほどのアンチエイジング効果にもありましたが、スムージーには抗酸化作用により活性酸素を除去できる効能があります。
まだ若いから認知症なんて・・・と考えている方も最近では若年性アルツハイマー型認知症の発症も増えているみたいなので注意が必要ですよ。
そもそもダイエットで始めたスムージーが将来の自分の健康を維持できると知れると嬉しいですよね。

 

なにより健康的にダイエット

今までダイエットで無理な食事制限をしてリバンド・・・この無限ループでここまで来た方もいられるのでは。
私自身も若いころはただ体重が減ればいい。そんな考えで何度も食事制限をしてきました。
しかし年齢を重ねるにつれ食事制限だけでは体にもろもろ負担がでてくるようになりました。
まず肌トラブル。必要な栄養が体に行き渡らないので肌はボロボロ。吹き出物たくさんできてしまいました・・・
女性であれば毎月決まってくる生理も止まってしまい、体に大きな負担をかけてしまいます。
スムージーで質の良い栄養素を取り込み健康的にダイエットをしましょう。

 

ダイエットにオススメのスムージーの種類は?

スムージーは無数に種類があります。
使われている食材によっては効果が変わるものもあるので数あるスムージーの中から代表的なものを種類や効果別に紹介したいと思います。

 

グリーンスムージー

まずはグリーンスムージー
これはみなさんがよく耳にするものですよね。
グリーンスムージーは、小松菜やほうれん草などの葉物の野菜とフルーツを使ったスムージーです。
緑色の野菜の葉の部分には、葉酸やカルシウムやビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
いろいろな葉野菜がありますが、モロヘイヤにはビタミン、ミネラルや水溶性食物繊維もふくんでいます。
また、日本には青汁があるので青汁と一緒なんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが、
青汁は緑の葉野菜のみを使っているので違いがわかりますよね。
青汁と違いグリーンスムージーは果物も入っているので、葉野菜の青臭さが消え果物のやさしい自然な甘みがあるのでとっても飲みやすいです。

 

レッドスムージー

レッドスムージーは名前の通り、赤色の野菜と果物で作るスムージーです。
赤い野菜や果物というと、人参やトマト、りんごなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
人参は野菜の中で一番豊富にβ−カロテンが含まれています。
人参を1本を食べると1日に必要なビタミンAを補うことができます。
サラダで食べてもいいですが、ミキサーにかけてスムージーにすれば無理なく摂取できますよね。
トマトも昔から「トマトが赤くなれば医者が青くなる」といわれるほど、バランスよく栄養価を含んだ食材です。
りんごはポリフェノールが豊富で人参との相性がよく、一緒にスムージーにすればアンチエイジングに効果的です。
美容効果が一番効果大ですよね。

 

フルーツスムージー

ここ最近人気が出てきているフルーツスムージーは文字通り果物を主原材料にしたスムージーです。
まれに野菜を使ったものもありますが、基本的には葉野菜などはあまり含まないのが特徴です。
グリーンスムージーもさほど青臭さはありませんが、果物を主原材料のフルーツスムージーは青臭さはありません。
ただ果物は糖質が高いので摂取量には気を付けたいところです。
たくさん食べたいという方は、イチゴやキウイなど低カロリーな果物がおすすめです。

 

ダイエットをするならグリーンスムージーがおすすめ!!

ダイエットにはスムージーがいいと理解していただけましたでしょうか。
これまで数々のダイエットにトライしてきたあなた!!
今日からはグリーンスムージーで辛いダイエットからおさらばしませんか??
グリーンスムージーは野菜を主に使っているのでスムージーの中でも最もカロリーを抑えることができ
かつ酵素を多く摂取することで脂肪の吸収も抑えることができます。
前文ではレッドスムージーやフルーツスムージーも紹介していますが、野菜よりも果物を多めに含んでいる為ダイエットよりも美容効果の方が優れているかと思います。
グリーンスムージーは青臭さがどうしても気なる方も葉野菜に少し果物をプラスして自分で飲みやすいグリーンスムージーを見つけてみてはどうでしょうか。
そして今は自分で作らなくてもグリーンスムージーをもっとおいしく飲みやすくされた商品が売られているんです
自分で作るよりもとっても飲みやすく、そして苦手な青臭さも気になりません。
野菜や果物の高騰やミキサーを持っていない方でも薬局や通販で手軽な価格で手に入るようになりました。
時間がなくてなかなかダイエットに取り組めない人はこういった手段を使うのもどうでしょうか。