酵素ドリンクと酵素サプリを徹底比較!おすすめはどっち?メリットとデメリットをまとめました。

健康的な体重管理ができることで大ブームとなった酵素ドリンク。

 

酵素サプリが広まった今でもドリンクタイプには根強い人気があります。

 

しかし酵素ドリンクと酵素サプリの違いについて知らないまま、何となく健康に良いと思って取り入れている人も少なくないのではないでしょうか?

 

目的も製造方法も意外と異なる両者。そして最も関心の高いテーマが、

 

酵素ドリンクと酵素サプリ

 

どちらを飲む方が効率良く、酵素の実感を得ることが出来るのでしょうか。

 

このページではそれぞれのメリットとデメリットを比較してみます。

 

酵素ドリンクのメリットとデメリット

酵素ドリンクの一番のメリットは、、発酵させていること。栄養の吸収力に優れており、腹もちなどの実感も分かりやすいという口コミも目立ちます。

 

ダイエット法としても定着したファスティング中のアイテムとしても人気が高く「酵素」といえば酵素ドリンクを思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、酵素ドリンクには酵素独特の風味がある為、飲みにくさや続けづらさを感じてやめてしまったという方もかなりいらっしゃいます。

 

酵素ドリンクが苦手な方は、炭酸やジュースで割って飲んで、酵素独特の風味を抑えていた方がほとんど。確かに口当たりに変化が出るので続けやすくなります。

 

しかし、これはデメリットとも言えます。ウィルキンソンの無糖の炭酸水ならまだしも、ジュースで割っていたらむしろ糖質を摂る頻度が増えることになってしまいます。

 

また酵素ドリンクのデメリットとして最も強調したいことが、「清涼飲料水」の区分であることです。

 

一般的に清涼飲料水は、製造工程において殺菌消毒の目的で加熱処理をおこなうことが定められています。

 

たんぱく質の一種である酵素は熱に弱い性質なので、加熱処理をしてしまうと酵素が壊れてしまいます。

 

ということは、せっかく酵素ドリンクを飲んだとしても加熱殺菌されているので、酵素だったものを飲んでいるにすぎなくなります。ですからそもそも飲んでも意味が無くなってしまうのです。

 

しかし、今は何とか酵素が壊れないように各社工夫を凝らしています。しかし、いまだに単なる清涼飲料水=ジュースを酵素ドリンクとして売っているメーカーもありますので、酵素ドリンクを選択するときはより慎重になる必要があります。

 

酵素サプリのメリットとデメリット

酵素サプリの場合、ドリンクタイプと比較すると値段が手頃であることや、サプリメントタイプになるのでいつでも飲めて継続しやすいことがメリットの一つと言えます。

 

酵素ドリンクのように酵素独特の風味がないので、酵素が苦手だなと感じている人でも飲むことが出来ます。

 

ただし、酵素サプリはお世辞にもファスティングに向いているとは言えません。

 

また、ひとことで酵素サプリと言っても、「生」と「そうでないもの」があります。少しお値段は高くなりますが「生酵素」出なければ意味がありません。

 

「生酵素」は製造過程で旧来の酵素ドリンクのような加熱処理をしておらず、必ずしなければならないと定められているわけでもありません。

 

ですから生きたままの酵素が凝縮されています。

 

ですから「生酵素」を使用していればそのままの酵素を取り入れることが出来ます。

 

酵素ドリンクと酵素サプリのどっちを選べばいいの?

酵素ドリンクと酵素サプリの最も大きな違いについて簡単に解説しました。

 

結論からすれば、ファスティングの用途で使用するなら酵素ドリンク。携帯性に優れ、空瓶も出ず、酵素ドリンクのように希釈したり別の飲み物と割ったりということがわずらわしければ酵素サプリ。特に、毎日簡単に生の酵素を摂りたいのであれば生タイプがおすすめです。

 

酵素ドリンクにも、酵素サプリにも、豊富な栄養を含んだ野菜や果物がたっぷり凝縮されています。最近では、発酵過程を加えた原料の配合された生酵素サプリも登場し、両者の主原料にもほとんど違いが無くなってきました。

 

しかし、酵素ドリンクも酵素サプリもそれぞれにメリットとデメリットのあることがお分かり頂けたかと思います。酵素ドリンクの瓶を持ち歩くなんてできませんから。

 

その点では、ファスティングもしくは自宅用としてドリンクを、携帯用としてサプリといったように併用するのもおすすめです。飲み忘れることもなく、継続しやすくなります。

 

どちらも続けることに意味がありますので、あなたのライフスタイルに合わせて選ぶようにしてみてください。