酵素と生酵素は何が違うの?どちらが良いの?

以前からダイエットに対するメリットがあるとされている酵素。
酵素ブームが浸透してきた今、新しく生酵素というワードも耳にするようになりました。
酵素と生酵素の違いはなんなのか、ダイエットを成功させるなら酵素と生酵素どちらを摂るべきなのか詳しく調べまとめてみました。

 

酵素と生酵素の違いは製造過程にある

 

酵素と生酵素の違いは製造過程において加熱処理をしているか、していないかの違いです。
酵素はタンパク質でできているので熱に弱いという性質を持っています。
酵素の種類にもよりますが、ほとんどの酵素は48度以上の熱を加えると失活してしまいます。

 

酵素が失活していく時間は加熱温度によりそれぞれ変わります。
各温度設定で1時間熱を加えた際に酵素はどのくらい失活してしまうのか。
50度では全体の約2割の酵素が働かなくなります。
60度では約半分ほど、70度を超えるようになるとほぼすべての酵素の働きが止まってしまうと言われています。
反対に生酵素は製造過程で加熱処理をしていないので、失活していない生きた酵素なのです。

 

 

酵素サプリは意味なし?
酵素サプリは加熱処理してるから酵素の実感が期待できないのではないかと疑問が生まれますよね。
少し前に話題となった酵素ドリンクはファスティングダイエットとして流行りました。

 

酵素ドリンクも加熱されています。
酵素ドリンクは清涼飲料水として販売されており、厚生労働省が定める食品衛生法により65度以上で、10分程度加熱殺菌処理をすることが義務づけられています。
加熱処理により先ほども説明しましたが約半数の酵素しか働いていないということになります。

 

酵素サプリには麹菌や乳酸菌も配合されているものが多く、酵素以外のパワーを補うことができるので一概に酵素サプリは全く実感がないとは言い切れません。

 

 

酵素と生酵素の違いまとめ
酵素サプリでダイエットに対するメリットを得るなら加熱処理をしていない生酵素サプリを摂取しましょう。
しかし生酵素サプリの方がダイエットに意味があるからといって飲んですぐに変化が出るわけではありません。
あくまでもサプリなのでまずは生酵素サプリの酵素パワーで体内環境を整え痩せやすい体づくりを目指しましょう。