酵素と健康の関係


酵素と私たちの健康には密接な関わりがあります。

酵素は身体の中に5000種類も存在していると言われており、生きていく為に必須の栄養素(タンパク質)です。臓器や筋肉の働きとも関係しています。

酵素の役割は「触媒」です。私達の体の中で起こる化学反応をスムーズに生じさせる役割を担っています。

酵素は食べ物を消化する「消化酵素」、皮膚の新陳代謝や血液循環など体を作る「代謝酵素」、食べ物から摂り入れる「食物酵素」の3つに分けられます。

体内の酵素は栄養素を吸収して腸内の老廃物を排出する手助けもします。

私達の食事は欧米化が進み、過食傾向と言われています。それにもかかわらず慢性的な酵素不足に陥っています。

酵素が不足してしまうと、様々な不調が現れる可能性があります。

・身体がだるい
・やる気がでない
・肌が荒れる
・体臭・口臭が発生

酵素は体内におけるあらゆる化学反応に関与していますので、酵素の量が減ればそれに伴って身体に不調を生じる可能性があります。

また、酵素は加齢に伴って体内から減少してしまいます。なぜなら、加齢によって酵素を合成する力自体が低下してしまうからです。

その酵素を食品から摂取することで、消化を助けると言った働きを期待することについては、未だ研究途上と言わざるを得ませんが、食物酵素は身体の外から摂りいれられるものであることは間違いありません。これにより消化酵素が増えることになります。